FAQ

整体の効果的な利用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文京区の整体 痛み回復センター東京 整体の効果的な利用法

整体をはじめて利用する方はもちろん、色々な整体を利用したことがある方でも、初めて予約する時は不安なものです。

どんな施術をするのか?どんな効果やメリットがあるのか?自分に合っているのか?など…

あなたの不安を解消し、整体を効果的に利用するためにはこれらを確認することが大切です。

ここでは痛み回復センター東京の痛みに対するアプローチの方法や整体の効果的な利用方法をご紹介します。

目次

1. 痛みの原因

2. 痛みに有効なアプローチ方法

3. 整体を効果的に利用する為の4つのステップ

4. 痛み回復センター東京の整体の目指す整体とは

1. 痛みの原因

痛みのつらさは本人にしかわかりません。

病院で画像検査をした結果「骨や神経に異常はありません」と言われても痛いものは痛いのです。

ということは痛みの原因は骨や神経によるものではないということがわかります。

さらに、筋力不足、老化現象が原因でもありません。

若いアスリートでも痛いものは痛いのです。

画像検査で確認できる脊椎分離症・脊椎辷り症・潜在性二分脊椎・腰仙移行椎・変形性脊椎症・ショイエルマン病は腰痛とは無関係で、全腰痛患者の85%以上は原因が特定できない非特異的腰痛
van Tulder MW.et al.Spine.1997

結論からいうと、痛みの原因は一つではなく、色々な要因が複雑に絡み合った結果「痛み」として現れいるのです。

注:ここでは、痛み、しびれ 、違和感などの体の不調を総称して痛みと表記します

2. 痛みに有効なアプローチ方法

2−1. 3つのアプローチ方法

シンプルに考えると、痛くなる場所は腰や膝などの体です。

痛くなるように体に指令を出したり、痛みを認識するのは脳です。

脳に刺激を与え指令を出させるのは感情です。

この3つはそれぞれ密接にリンクしています。

このことから、腰痛や膝痛などの筋骨格系の痛みに有効なアプローチの方法も大きく分けて3つあります。

  1. 脳:認知行動療法などによる脳へのアプローチ
  2. メンタル:ストレスケアなどによる感情や心理面へのアプローチ
  3. 体:整体や運動療法などによる体へのアプローチ

特に慢性疼痛の場合は、脳やメンタルへのアプローチがポイントになります。

2−2. 痛み回復センター東京のアプローチ方法

痛み回復センター東京の整体は手技を通じて体にアプローチします。

「張っている」「凝っている」などと表現されるように、痛くなる場所は筋肉や腱、靱帯が収縮して硬くなっています。

この緊張(収縮)している筋肉を緩めることによって痛みを改善していきます。

表現を換えれば、緊張している筋肉とは無意識に力が入っている筋肉のことです。

筋肉に力を入れることは別に問題はありませんが、問題は、緊張状態が続いていること、力が入りっぱなしになっていることです。

痛み回復センターの手技はこの無意識に力が入っている筋肉の力を抜くことからはじめます。

力を抜くことが目的なので、筋肉に強い刺激をあたえたり、過度の負荷をかけることはしません。

体の痛みや力が抜けることで心身ともにリラックスした状態になります。

リラックスした状態は、脳やメンタル面にも良い影響を与えます。

この状態を記憶することで本来の回復力にスイッチが入り、さまざまな症状を改善していきます。

注:痛み回復センターの整体はすべて手技によるものです。器具や機械を使用したり、サプリメント等の販売は致しておりません。

3. 整体を効果的に利用する為の4つのステップ

ここでは、痛み回復センター東京の整体を効果的にご利用して頂くための流れを詳しくご紹介します。

STEP1. 思い出す

症状によって緊張している筋肉は違います。

例えば、腰痛といっても一人ひとり痛い場所も痛くなる動作も違います。

まずは、痛みの原因となっている筋肉を一緒に確認します。(痛い場所が痛みの原因とは限りません)

筋肉は安心すると緩みます。

痛み回復センター東京の手技は、筋肉を安心させるために、ゆっくり動かしたり、軽くふれる程度の力で筋肉を緩めます。

ここでは本来の筋肉の状態を体に思い出してもらうイメージです。

無意識に力が入っている筋肉の力が抜ける感覚を体験してください。

STEP2. 覚える

何度か痛み回復センター東京の手技を体験していくうちに、筋肉の力が抜ける感覚、体がスムーズに動く感覚がわかってきます。

この感覚を体に覚えてもらうために、何度も繰り返すことが必要になります。

ここまでくると日常生活の中で、自分で無意識に力が入っていることに気づいたり、自分で力を抜くことができるようになります。

STEP3. セルフケア

痛みのもとになっている筋肉を見つけること。緊張している筋肉の力を抜き、本来の筋肉の状態を体に思い出してもらうこと。この2つは痛み回復センター東京の施術者がおこないます。

STEP2の感覚を体に覚えてもらう過程は、何度か繰り返す必要があります。

最短で回復したい方、何度も通うのが難しい方には症状に合ったセルフケアをお伝えします。

力の入りやすい筋肉や、痛みの抜ける感覚がわかれば、いつでも、どこでもご自身で痛みをコントロールすることが可能になります。

STEP4. アフターケア

「どこに行っても、何をしても良くならない」という状態でお越しになる方がほとんどです。

本来はそうなる前にケアして頂くのが整体の最も効果的な利用法です。

主に以下のような目的で利用して頂くことができます。

  1. チェックと予防:定期的にチェックをすることで、自分では気づかない体の不調を初期段階で発見し、痛くなる前にケアすることができます。
  2. パフォーマンスアップ:スムーズで軽い動きを実現し、体の健康レベルを向上します。健康の質を上げて新しい自分を発見しましょう。
  3. ストレスケア:体の緊張が緩めば、精神的な緊張からも解放されます。リラクセーションはストレスケアにも有効です。

4. 痛み回復センター東京の整体の目指す整体とは

4−1. 一回で治すことへのこだわり

はじめは多くの治療家が目指すように、一回で治すことにこだわりを持っていました。

いわゆるゴッドハンドです。

確かに一回で劇的に改善する方もいます。

しかし、それは治療家の慢心であり、自己満足でしかありません。

前述したように、痛みの原因は人それぞれ異なり、複雑なものです。

整体の技術だけで改善できるものではありません。

カンタンにやせるダイエット法などがないのと同じで、結果が出たとしても一時的なものです。

本当の治療とは治療をする人と、治療を受ける人がお互いを信頼し合い、お互いに力を合わせて実現するものです。

4−2. 整体は一生使える健康法

痛み回復センター東京の目指すものは「自分で痛みや健康を管理できるようになる」ことです。

整体の施術を受けていく過程であなたは色々なことに気づくはずです。

  • 疲れやすい筋肉や痛くなりやすい場所
  • 自分の体の癖(個性)
  • 本来の健康的な体の感覚
  • 力の抜き方など

そして、自分に合ったケア方法を身につけることができます。

整体に行くことができない時でも自分で整体ができるようになります。

そのケア方法や痛みに対する考え方は一生あなたの健康をサポートすることでしょう。

4−3. 整体の最終的なゴール

体の元気は心を元気にし、心の元気は体を元気にします。あなたの元気はみんなを元気にします。あなたの笑顔はみんなを笑顔にします。整体 is happyです。

痛み回復センター東京の整体を効果的に利用して「なりたい自分を実現できる身体」「やりたいことができる身体」を手に入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加